医療機関とエステでの脱毛方法の違いは

ムダ毛の処理を目的として、エステや医療クリニックに行く人は多いようです。

エステや、医療機関での脱毛処理は、家庭で行う脱毛クリームやカミソリを使った脱毛より、きれいに処理することができます。

脱毛に関する技術は日に日に向上しているために、リーズナブルな金額で、お肌に負担をかけずに、脱毛ができるということも魅力になっています。

ぱっと見には、エステの脱毛コースも、皮膚科や美容クリニックの脱毛施術も同じようなものに見えますが、使うマシンに差があります。

エステのフラッシュ脱毛は、特殊な光を脱毛部位に照射するやり方ですが、医療脱毛はレーザーを照射することで脱毛をします。

どちらの脱毛方法も、光を照射して毛の生える元となる毛母細胞などにダメージを与える仕組みについては、よく似ています。

脱毛

レーザー脱毛ができるのは医師のみ

レーザーを使った脱毛施術は、資格を持つ医師でなければ使うことができませんので、エステではレーザー脱毛が認められていません。

あまり時間をかけずに、効率的に脱毛施術をうけたいのであれば、病院のレーザー脱毛を使ったほうがいいでしょう。

けれども、強い脱毛効果がありますので、レーザー脱毛のほうがお肌への負担が大きくなり、コストも高くなりがちです。

レーザーや光を使っての脱毛処理にはどうしても軽い痛みが発生しますが、痛みがつよい時には塗るタイプの麻酔薬を利用することも可能です。

脱毛施術専門のエステサロンや、美容クリニックも増えてきて、利用しやすい価格設定での脱毛施術もうけられるようになりました。

医療機関とエステサロンの脱毛方法には、どちらもメリットとデメリットが存在しているので、よく調べた上で信頼のおける施術場所を慎重に選ぶことが大切です。