膝(ひざ)黒ずみになる原因と正しい治し方

膝(ひざ)黒ずみになる原因は、外部からのあらゆる刺激を受けて、皮膚のメラニン色素が多くなることです。

太陽からの紫外線の影響も受けますし、膝は座ったり立ち上がったりするときにも、頻繁に外からの刺激を受けています。

洋服着用でもピタピタのジーンズなどでも擦れますし、タイツやストッキングなど、些細な刺激も積み重ねです。

生活をしている上で普通に刺激を受けていますが、本人としては痛みを生じるわけではないため、ほとんど気にすることはありません。

しかし衣類による摩擦も、紫外線による刺激も、全てはメラノサイトへの刺激につながり、それは積み重ねになります。

結果的に膝(ひざ)黒ずみは黒ずみが生じて、膝の部分だけ茶色くなるという結末です。

膝(ひざ)黒ずみの原因の多くは刺激ですので、普段の生活の中での習慣を、これまでのことを見直す必要もあります。

 

 

膝も顔と同じ皮膚なのでホワイトニングコスメも有効

治し方のひとつは膝への摩擦を減らすこと、この基本を改善することは必要です。

膝を頻繁につくのは控えて、衣類もぴったりとしたパンツやジーンズではなく、余裕のあるパンツやスカートにします。

毎日のお手入れでできる治し方としては、美白クリームを肌に塗布する習慣をつけることです。

顔にはホワイトニング専用のスキンケアコスメを使用して、白い肌を維持するためのお手入れをします。

肌は全身つながっていますし、ホワイトニングは顔だけのことではありません。

膝にも美白クリームを塗る習慣をつけて、明るい膝の色を目指すことです。

http://www.catalley.biz/が参考になりました。

 

このエントリーのカテゴリー: 未分類  著者: avocado. Bookmark the permalink.

Facebookでコメントする